メインコンテンツ

その他のコンテンツ

返せなくなった借金

社会人であれば、自己責任になりますが、お金を借りることが簡単になってきました。 意外と気づいていないことかもしれませんが、クレジットカードやキャッシング、カードローンは小口であっても、れっきとした借金になります。 気軽に借金をすることがあっても、最後は全て返済しなければなりません。

小口の借金であれば、翌月には返す癖をつけておきましょう。 まとまったお金であれば、リボ払いを利用して返済を先延ばしにし少しずつお金を返済していくようにしましょう。 こうして、毎月少しずつでも返済できていると、借金をしていても全く問題ありません。

むしろ、信用のある人としてもっと借りてくださいといわれることがあるかもしれません。 収入が支出を上回っているうちは、借金をしていても返済ができますから、問題なく日々の生活を送ることができます。 ところが、失業してしまったり、無理な借金をしてしまうと、借入残高が膨らむことがあります。

キャッシングやカードローンの金利はとても高いものですから、少しずつ毎月の支払いが苦しくなり返済できなくなってきます。 そして、借り入れができなくなってしまい、キャッシングの会社からの督促が増えてしまいます。 その後は、法的解決に頼るしかなくなってしまいます。

借金が返せなくなったときの法的解決というと、自己破産や任意整理、個人再生などの方法があります。 できれば、こうした結末にならないようにしなければなりません。 なぜかといいますといろいろな人に迷惑がかかるからです。